⽊本 由有

T&Gのパワーと
新しい視点の
化学反応を起こしたい

General Planning Department/Public Relations Team/Senior Manager

Yu Kimoto

総合企画部 広報チーム 
シニアマネージャー

[2019年1月入社]

本田技研工業、オリエンタルランド、ストライプインターナショナルと業種の異なる複数の企業において、広報に携わってきた経歴を持つ。T&Gグループの長期経営方針が打ち出され、第二創業期とも言えるタイミングに新たな可能性を見出し、2019年1月に転職。多様な業界を経験してきた知見を活かし、広報チームを率いて“新しいT&G像”を作り上げ、広めるために試行錯誤を重ねている。

転職の決め手

転職の決め手

経験を活かしながらチャレンジできる、絶好の時と環境。

「新しいことに挑戦する、面白そうな会社」それが入社前のイメージでした。特に、長期経営方針が発表され、変革期を迎えたこのフェーズだからこそ、様々な企業で広報として積んできた自身の経験を活かして新たな挑戦ができそうだと感じたことが、入社の理由です。選考時に役員を含めた社内の人たちに会って、ボトムアップの社風は感じていましたが、入社して改めてそれを感じ、やりたいと思ったことをやらせてもらえる環境に感謝しています。自ら考え、決断し、成果を出すことを求められる環境は厳しくもありますが、自分たちで作り上げたものが、企業の今、そして未来を変えていく。そんな醍醐味を感じられるのは、T&Gで働く大きな魅力の一つです。

また、ウェディング、ホテル、レストランなど人と向き合う事業を手掛ける会社だからこそ、「人」が好きで、人を喜ばせることに全力で挑める社員が多いのも、T&Gの強さと魅力だと感じています。

経験を活かす

経験を活かす

良い意味で、会社に染まらない存在でありたい。

サービス業には珍しく、T&Gの本社スタッフには現場経験の長いプロパー社員が多いのは驚きでした。企業理念やサービスを深く理解し、会社を愛する社員の多さは、大きな強みです。だからこそ、他業種や他社で経験を積んだ私の役割は“良い意味で、会社に染まらない存在”であり続けることだと考えています。入社してからの一年で「量より質」の広報へと方向転換をしました。そしてそれを実現するために、チームとしての業務内容や領域も大きく変更。これまでは主力事業である国内ウェディングのサービスのPRが業務のほとんどでしたが、企業としてのT&Gの見せ方、SNSやオウンドメディアのクオリティ向上や効果的な活用、有事の広報対応の体制構築、インナーコミュニケーションの改革などに取り組んでいます。効率化や合理化を前提に、日常の業務の進め方にも“T&Gらしくない”方法を採り入れています。

これまでに培った経験をフルに活用して、良いものは残しながら、必要なものは思い切って変えていく。会社に染まり切らずに、異質な存在として化学反応を起こすことに挑戦できるのも、ボトムアップの社風のなせる業だと考えています。

今後の挑戦

今後の挑戦

ウェディングのT&Gから、新たな魅力を発信するフェーズへ。

点から線、線から面の広報へと変化を目指し、国内ウェディングのリブランディングと企業としてのT&Gのリブランディングに挑戦しています。国内最大手のウェディング企業として、ある程度サービスや各施設は知られているものの、一つのウェディングブランドや、企業としてのT&Gの認知度はまだ低い。主力事業であるウェディング事業のブランドはより強固にしつつ、今後は新規ホテル事業も含めて“ホスピタリティ産業をリノベーションする”存在として、チャレンジングで革新的な会社だと認知してもらいたい。

だからこそ、会社に愛着を持ち、理解しながらも、既成概念に捕らわれずゼロベースで物事を考えられる人や前例に捉われない自由な人と、新しいT&G像を作っていきたいですね。

OTHER CAREER PLAN

業界最大手企業
だからこそできる
新しい挑戦がある
岩⽥ 能

新規事業開発部 部長

Chikara Iwata

社歴や性別に関わらず
努力した分
チャンスがある
箕尾 寛⼦

西日本事業部 グループマネージャー

Hiroko Minoo

日本一の
プロフェッショナルを
目指せる環境
野上 ゆう⼦

オートクチュールデザインチーム
兼ドレス事業部

Yuko Nogami

挑戦する人に開かれた
キャリアアップの道
加藤 勇哉

総合企画部 経営企画チーム

Yuya Kato

信じて
任せてもらえるから
新たなチャレンジが
できる
新保 亜美

人事部

Tsugumi Shinbo

若くして裁量権を持つ
責任感とやりがい
浅野 祐樹

事業企画部 部長

Yuki Asano

ライフステージと
共に育つ
やりがいのある場所
⻄⾕ いづみ

フラワーコーディネーション統括部

Izumi Nishitani